毛穴の黒ずみを簡単にケアする|炭酸水やハイドロキノンが効果的

簡単にできる毛穴の黒ずみケア

女性の気になる肌トラブルの1つに毛穴の黒ずみがあります。毎日丁寧にスキンケアを行っているにも関わらず出来てしまう黒ずみは、メイクで隠そうとしても汚く目立ちやすいのが厄介です。

 

さらにパックやピーリングをしてもなかなか改善せずに、肌を痛める可能性もあるから注意が必要です。そのため、黒ずみケアは難しいものと思われがちですが、黒ずんでしまう原因を知ることで簡単にケアすることが可能になります。

 

毛穴が黒ずんでしまう1番の原因に、角栓の詰まりが挙げられます。これは古くなった皮膚やファンデーション、日焼け止めが皮脂と混ざり、酸化することで黒くなります。ですので、角栓を取り除くようにすれば簡単にケアすることが可能です。

 

角栓を取り除くには保湿ケアが効果的です。肌に水分を与えて柔らかくすることで、毛穴にびっしりと固まった角栓が取れやすくなります。この状態で洗顔やクレンジングで優しく洗い流すようにしてみましょう。

 

肌がたるむことで毛穴の黒ずみが目立つタイプも、保湿ケアで簡単に改善させることができます。この場合はヒアルロン酸を意識して摂取すれば、肌のハリを取り戻すことができます。

 

さらに収れん化粧水で肌を引締めれば、毛穴の開きも目立たなくなります。

 

 

 

毛穴の黒ずみ解消に炭酸水を利用する

鼻にできてしまう黒い斑点は毛穴に詰まった角栓が酸化してできた黒ずみで、毛穴がへこんで影ができてしまったものです。角栓は出来てしまうと抜き出すことが難しく、なかなか治すことができません。

 

黒ずみは洗顔料やレーザー治療で効果を期待することができますが、高い費用が掛かってしまいます。手軽に治す方法として炭酸水を利用する方法がおすすめです。

 

炭酸水はダイエット飲料としても注目されていますが、ダイエットだけでなく美容にも効果があります。炭酸水は、水と二酸化炭素のみで作られたものを利用します。炭酸水を飲むと美肌やアンチエイジングに期待することができ、血流が良くなり新陳代謝が活性化します。

 

肌の代謝もアップし、老廃物を溜めこまない清潔な肌になっていきます。肌に直接付けると炭酸水の性質上、肌の皮脂の汚れを浮かして落とす効果があります。

 

炭酸のガスは肌にほどよい刺激を与え、刺激が毛穴を柔らかく開きます。洗顔時にしっかり汚れを落とすことができます。

 

角栓は毛穴に詰まった皮脂と、古い角質が混ざってしまってできてしまいます。常に綺麗な毛穴を保つと皮脂や角質を詰まることがなく、角栓の発生を抑えることができ、黒ずみの予防をすることができます。

 

 

 

毛穴の黒ずみとメラニン色素の関係

顔の毛穴の黒ずみと言えば、ファンデーションや日焼け止めなどの汚れが落としきれずに、肌に残り続けることで起こるというイメージが強くあります。

 

確かに、毛穴の黒ずみが気になる箇所を触ってみて、プツプツとして出っ張りが気になるという人は、汚れが原因で毛穴が黒ずんでいることが多くなります。ですが、プツプツとした汚れもないのに、毛穴が黒く目立ってしまうという人も少なくありません。

 

このタイプの人は、いくら洗顔やクレンジングで肌の汚れ対策をおこなっても、黒ずみを改善させることはできません。なぜなら、黒ずみの原因が汚れではないからです。

 

肌をじっくりと観察して、毛穴そのものが黒っぽいと感じた人は、メラニン色素の沈着が原因になってきます。メラニン色素の沈着は紫外線だけではなく、外気や指による刺激や摩擦でも起こるので注意が必要です。

 

メラニン色素の沈着を改善させるには、紫外線対策と同時に、美白効果のある成分配合の化粧水や美容液を活用していきましょう。おすすめの美白成分はアルブチンやビタミンC誘導体です。

 

アルブチンとビタミンC誘導体には、メラニン色素の生成を抑えるという働きがあるので、黒ずみが増えるのを抑える効果に優れています。

 

 

 

毛穴の黒ずみケアにはハイドロキノンを

鼻の毛穴が黒くなってしまうと、まるでイチゴのように見えてしまうのが困りものです。さらに毎日丁寧に洗顔をし、毛穴パックやピーリングを行い、1日でも早く治そうと思っても、なかなか綺麗にならないという特徴もあります。

 

そんな厄介な毛穴の黒ずみをケアするには、ハイドロキノンがおすすめです。ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれ、皮膚科や美容外科でも処方される美白成分です。

 

色素が沈着している部分に塗布することで、シミやそばかす、ニキビ跡や黒ずみを薄くすることができます。ですので、毛穴の黒ずみを観察してみて、肌自体が黒い人には非常に効果的にハイドロキノンが作用します。

 

ただし、刺激が強いという特徴もあるので、乾燥肌や敏感肌の人を注意して使用する必要があります。黒ずみ以外の場所に塗布するのも控えるのがおすすめです。

 

黒ずみケアの効果をアップさせるなら、単体で使用するのではなく、高濃度ヒアルロン酸やビタミンC誘導体、レチノインなどの美容成分を一緒に使用してみましょう。

 

高濃度ヒアルロン酸は肌の弾力やハリのアップに効果的な美容成分です。ですので、ハイドロキノンと一緒に補っていくことで、肌にかかる負担を軽くすることが可能です。

 

 

 

ほくろを改善する方法は?

毎日しっかりスキンケアを行っているつもりなのに、毛穴に汚れが詰まりやすく毛穴が開いたり、たるんだりするなど、様々な肌トラブルに悩まれている方は少なくありませんよね。

 

特に毛穴に詰まった皮脂や角質、メイク汚れはそのまま放置してしまうと角栓と呼ばれる汚れの固まりとなり、酸化することで黒ずみの状態になってしまいます。

 

遠目から見るとこの黒ずみの状態はほくろのように見えてしまうので、ほくろのような黒ずみを綺麗に改善するためにも、普段のスキンケアを見直すことが大切になるのです。

 

皮脂などの分泌が多く、おでこや鼻の頭などTゾーンを中心にテカりやすい肌質を持っている方の多くは、自分が脂性肌だと思っている方が多いのですが、実はこれは肌が乾燥して起こってしまっている可能性があります。

 

肌に十分な保湿が行えていないと皮膚は肌を潤そうとして通常よりも過剰に皮脂を分泌してしまい、毛穴に皮脂が詰まりやすくなったり、肌がテカりやすくなる悪循環となるのです。

 

そのためほくろのような黒ずみを改善するためには、無理に角栓や黒ずみ除去を行う方法ではなく、普段のスキンケアで保湿に特化したお手入れをじっくり行うことで、肌質改善を行うことが大切になります。

 

 

 

おすすめのウェブサイトは?

毛穴の黒ずみをケアしていくことも大切です。

 

そして、毛穴以外の黒ずみのケアをしていくことも、日々の生活を活力あるものにするためには大切になる場合があります。

 

黒ずみケアといえば、こちらのサイトがおすすめです。